おんな城主 直虎動画 最終回50話無料!見逃したビデオマーケット

おんな城主 直虎動画 最終回50話無料!見逃したビデオマーケット

 

おんな城主 直虎動画がフルに無料視聴できるVODサービスにはU-NEXTとビデオマーケットがあります

 

一番大きいビデオオンデマンドサービスはビデオマーケットで19万本も作品があります

おんな城主 直虎 50話が無料視聴できるのは

ビデオマーケットとU-NEXTです

おんな城主 直虎動画最終回50話無料視聴/見逃し配信/再放送VOD

 

ビデオマーケット

 

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』にないものはないといわれています

 

そのため、例を挙げると金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

楽しめないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料はお値打ちです

 

高画質streamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があり

 

パチンコや番組など大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

 

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

ビデオマーケット公式サイトは下記です

↓ ↓

 

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット!

 

 

U-NEXT

 

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

おんな城主 直虎が見れるU-NEXTの31日間無料お試しキャンペーン

 

 

おんな城主 直虎動画50話のあらすじ

 

本能寺の変によって信長(市川海老蔵)は討ち取られ、直虎(柴咲コウ)の手助けによって家康(阿部サダヲ)は無事、三河へと戻る。

明智(光石研)が京を追われたと聞いた直虎は龍雲丸(柳楽優弥)と別れ、堺を後にする。

井伊谷に戻った直虎は保護していた明智の遺児を逃がそうとするが、万千代(菅田将暉)はその身柄を徳川に引き渡すよう要求する。

HNK公式より引用

おんな城主 直虎動画50話の感想など

 

30代の最終回予想

 

第49話は、いよいよ本能寺の変へと向かう局面を迎え、信長によって安土城へと招かれた家康や万千代の緊張感がこちらに伝わる一幕から始まりました。

信長は自分たちを安土城で愉しませ、堺の町を見物させたのち、本能寺で開く茶会で自分たちを討ち取るー。

そのように聞かされていた家康の焦りと緊張、そして本当に明智光秀が信長を討ち取る気でいるのかという不安が伝わり、ハラハラしました。

一方で直虎は、家康たちが三河へ戻るための経路をおさえるため、龍雲丸の元へと向かいました。

この2人の再会がとても可愛らしかったです。

久々に会えたというのに、三河までの道の手配ばかりを気にする直虎に、「南蛮人達と契約を結ぶ代わりに、伽の相手をしろ」と無理を言うのですが、直虎は「そういうことなら仕方がない」と戸惑いながらも受け入れます。

引くに引けなくなった龍雲丸は、伽の場でとっさに機転を利かせて直虎を助けるのですが、「素直じゃないなあ」と思いながら見ていました。

そして運命の6月2日、本能寺を明智光秀が強襲したとの報せを、家康たちは京に向かう道中で受け取ります。

そこでの家康たちの臭い芝居がとても面白かったです!昨年の『真田丸』の伊賀越えも大笑いして見ていましたが、今年の伊賀越えもギャグのような展開で、シリアスな回のはずなのに思わず大笑いしてしまいました。

次回はいよいよ、最終回です。

これまでただひたすらに、井伊のためにひた走ってきた直虎も、そして瀬名を失ってつらい思いをしながらも「戦のない世を」を立ち上がった家康も、幸せになってほしいなと思っています。

 

20代女性の感想

 

今週の『おんな城主 直虎』は徳川に攻め落とされた気賀で、直虎の想い人とも思われる龍雲丸を助ける所から始まります。

直虎にとっては、井伊の領地を失い、政次を失い、更に元々は井伊が治めており、現在も多くの縁のある人間がいる気賀が攻め落とされたのは大きなショックであったと思います。

そしてその攻撃で気賀は壊滅しほぼ全滅するのですが、唯一龍雲丸だけは生きて発見されます。

彼だけでも生き残ったという事実が、踏んだり蹴ったりの直虎にとって「救い」になるというのが今回の話でした。

個人的感想としては、今川との対立や徳川の裏切り等、井伊家にとっては本当に悪夢のような話が続いていますが、そんな中で直虎が思い悩みつつ、命や戦についての考え方を少しずつ変えていく姿が印象的でした。

幼い頃に戦で居場所を失った龍雲丸が、気賀でまた全てを失うという無慈悲さ。

領主であった父親が戦で戦死し、まだ年端も行かない年齢にも関わらず新たな領主として戦に駆り出される少年。

かつて井伊を裏切り政次を死に追いやった近藤が、戦で負傷し二度と戦えない身体になり、そして直虎に助けられる。

色々な目線から断片的に描かれる戦争の姿がとても印象的であり、戦争はそれぞれが悲惨な状況に追い込まれてしまう無意味な物なのではないかと感じました。

おそらく作者側が言いたかったのも、氏真が終盤に言った「蹴鞠で戦の決着を付ければよい」というメッセージに込められているのだと思います。