わろてんか 動画 55話 無料視聴/見逃し配信/再放送 あらすじ

わろてんか 動画 第55話 無料視聴/見逃し配信/再放送

 

 

わろてんかの公式あらすじです

 

これまでのわろてんか動画55話までの感想も書いています

 

わろてんかの動画はビデオマーケットとU-NEXTというVOD(ビデオオンデマンドサービス)で初回からフル視聴できます

 

 

 

わろてんか動画55話のあらすじ(NHK公式サイト引用)

 

藤吉(松坂桃李)は売り上げ倍増のため、客が呼べる芸人を風鳥亭の専属にしたいと躍起になり、その獲得のための資金を用意して欲しいとてん(葵わかな)に頼み込む。.

 

 

藤吉(松坂桃李)は寄席を2軒に増やすことに成功し、さらに売り上げ倍増をもくろんで、客が呼べる芸人を風鳥亭の専属にしたいと躍起になっていた。てん(葵わかな)は子育てと仕事の両立に四苦八苦し、昼間は息子の隼也を子守りに預けるようになる。集金に来た風太(濱田岳)から天才落語家・団吾の人気ぶりを聞いた藤吉は、やはり団吾のような大看板が必要だとてんを説得し、獲得のための資金を用意するよう頼み込む。

わろてんかの動画55話までの感想やネタバレ

 
<h4>隼也の可愛さ</h4>

 

隼也は目がクリっとして、ほっぺがふっくらしていて可愛くて、観ていて癒されます。

てんを演じている葵さんが、隼也とのシーンで一番好きなのが、

今回の三人での食事のシーンだと言っていました。

てんと藤吉、お互いに家族の大切さを改めて感じての幸せの幸せな食卓のシーン。

このときに隼也は食べさせてみようとしても、首をふって結局一口も食べなかったそう。

そこが可愛かったと葵さんが言っていて、

隼也は画面を通したお茶の間だけでなく、撮影の現場でも皆を和ませているんだなと思いました。想像するだけで微笑ましい気持ちになります。

笑ったと思ったら突然泣いたりと、赤ちゃんの行動は不思議ですが

隼也は笑っても泣いても可愛いという葵さん、すっかりメロメロのようですね。

ドラマでは男達は隼也にすっかりメロメロだというようなセリフがありましたけど、もしかしたら一番メロメロになっているのは葵さんなのかもしれません。

私が守ってあげなきゃという気持ちになると語っているだけありますね。

泣きそうになった時に、だっこして何かをみせると泣くのをやめてじっとそれを見つめるというのも可愛いでしょうね。

撮影現場と言う珍しいものが沢山ある現場で過ごすのも貴重な体験になりそう。

まだ1歳ということですし、大きくなってから今の事は覚えてはいないと思いますが

ドラマとして残るのでとても良い思い出が残せますね。

わろてんかの動画これまでの感想

今回の栞

 

冷やし飴の効果で、お客さんが寄席の前に沢山。そこへ来た栞が盛況だと笑顔をみせていました。

冷やし飴を冷たそうに見せる工夫をしたのはてんかと聞いた栞。その機転で、てんがやったことだとピンと来たのかもしれませんね。

そして44話の最後には、てんを貸してくれないかというセリフ。

更には、僕には君が必要なんだ。

これはファンへのサービスでもあるのだろうなと製作側の意図を感じ、そこに感謝しました。

とはいえ、きっとビジネスの話でしょうね。

活動写真の輸入をついに始めたという事でしたし。

栞は文鳥師匠に口利きしてくれたわけで、そもそも話すこともできるような立場の人ではなかったのですから

きっかけを作ってくれた恩人。

ここはてんも少し恩返しが出来ると良いのですが。

 

そのセリフの前に、夫婦が仲良くて羨ましいとも言っていた流れがあるので

てんと藤吉ではなくとも誤解してしまうのかもしれませんね。

寄席は盛況、夫婦仲良く、良い母もいるというのを羨ましいと言った栞にちょっとだけ切なくなりました。

てんの事を気に入っていた栞、しかも母親とは引き離された過去もあるわけですし。

活動写真もその母との思い出や影響があるんですもんね。

このビジネス、成功させられる事を願っています。