コウノドリ 10話 動画無料2017/12月15日見逃した時はauビデオパス

コウノドリドラマの動画ですが

auビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

ドコモやソフトバンクの方は、U-NEXTというサービスでも配信しています

手早く公式サイトを確認したい方は下記です

 

auビデオパス公式サイト

↓ ↓

 

 

———————-

U-NEXT公式サイト

↓ ↓

 

 

コウノドリ動画最新話予告Youtube

 

 

コウノドリ2ドラマ動画無料視聴/見逃し配信/再放送できるVODビデオオンデマンドサービス

 

auビデオパス

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 ・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

U-NEXTは高画質streamin再生が可能です

 

auビデオパス同様にダウンロード(dl)再生ふができるため

 

コウノドリドラマ動画をtverやTBSオンデマンドのようにパケット代金が高くならないようにしています

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

 

なお原作漫画ですがFODプレミアムの一カ月間の無料お試しキャンペーンにyahooIDで入会すると

 

月額費無料でコミック雑誌が読み放題の他、1300円分のポイントがもらえるためお得です

 

 

コウノドリあらすじ

 

別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れる。
透子と光弘に確定検査である羊水検査について説明するサクラは、お腹の中の赤ちゃんについて「二人で向き合い、決めていくことになる」と告げるが、動揺する透子と光弘に「これからのことを一緒に考えよう」と寄り添い支える。

一方で、サクラと今橋(大森南朋)は、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行う。こちらの夫婦は羊水検査でダウン症候群との診断を受けていたのだ。サクラと今橋を前に明代は“ある決意”を告げる。
2組の夫婦の選択に、サクラはどう向き合い、どう寄り添っていくのか。
命について、思い悩むペルソナメンバーたちに、サクラは自らの“ある想い”を告げる──。

 

引用TBS

コウノドリの10話までの感想

 

20代女性

 

不育症という単語は聞いたことがあったけれど、不育症の検査をすることができ、その検査で原因がわからないことがあるということを初めて知りました。

6、7人に一人の割合で流産が起きているということをもっと知ってもらう必要があると、四宮先生が言っていましたが、私は「コウノドリ」を見て、こんな病気や事例もあるのかということを知ることが多々あります。

この作品を通して、四宮先生の想いが通じれば良いなと思いました。

救命ではだめだめだった下屋でしたが、妊婦が運ばれてきた時の表情が少し嬉しそうで、患者が運ばれてきているのにどういう表情なのだろうと思いましたが、救命の部長にいきいきと指示をする下屋を見てコウノドリ先生や四宮先生ももと産科で鍛え上げられてきてたのだなと胸が熱くなりました。

不育症で過去に流産した子供のことについて、小松さんもコウノドリ先生が奥さんと旦那それぞれに「忘れなくていいんじゃないか」とアドバイスをしていました。

この言葉は、子供を失ったすべての親に伝わっているのではないかなと思い、改めてこの作品は素晴らしいなと思いました。

コウノドリは、テーマが重い回でも小さな笑いが作品の中に詰め込まれているところが良いところだと思います。

前回でも小松さんと今橋先生の飲み屋のシーンや倉崎さんの過去のシーンなどくすっと笑えるようなシーンに心が癒されま
30代女性

まず最初に不育症という言葉が出て来て、漢字から大体のことは想像出来ましたが、何回も流産した人に関係することだとは知りませんでした。勉強になりました。

何回も流産した患者さんの不安感、苦悩、悲しみが非常によく出ていたし、お腹の中にいた子供に対しての申し訳ないと言う感情も非常に良く出ていたし、この患者さんの顔の表情が非常に良かったな~と感じました。

不育症の検査を受けて不育症でなかっのは良かったな~!ただ、最後で妊娠が判明しますが、これはかなり期間が経ったという演出なのかもしれませんが、今回のストーリーの中では早すぎる感は否めないと思いますよ。

次に、四宮先生の関係ですが、父親の入院先に行き、父親の代わりに帝王切開の緊急手術をすることになりましたが、患者さんの旦那さんに不安がられ、それを父親が説得し手術をしますが、その後父親との別れ際に、父親から「お前には負けないぞ」というシーンでは,父親が息子を認めたのだな~と感じました。

次に、下屋さんの関係ですが、緊急救命医としてはまだまだの感じでしたが、産科医としては他の医師よりは上であるのだな~と感じました。これは専門である以上当然なのかも知れないけど。最後のコウノドリ先生、四宮先生を超える発言は良かった。