スターウォーズ 最後のジェダイ 動画 無料フルパンドラ/b9/dailymotion

スターウォーズ 最後のジェダイ 動画 無料フルパンドラ/b9/dailymotion

スターウォーズ 最後のジェダイ 動画をpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、pideo、bilibili、rutubu、ようつべ、kissacfun
デイリーモーション、、daily、dairy、pandraではまだ見れません

スターウォーズ 最後のジェダイ予告

 

スター・ウォーズシリーズが無料で見れるVOD

 

auビデオパス

 

auビデオパスのサービス内容は下記などあります

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

 

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

Hulu

Hulu(フ―ルー・フル)は、月額見放題で追加金額なしでコンテンツを楽しみ放題です

 

特にチャイルドロック機能や、アカウントを切り分けて使えるため、家族観でもプライバシーが守られます

 

そのため、お子様に見せたくないコンテンツは自動的に除外できます

 

Hulu公式サイトは下記です

↓ ↓

 

Huluならスターウォーズシリーズが見放題

 

 

U-NEXT

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

U-NEXTはスターウォーズシリーズ過去作を一挙配信中

 

 

ビデオマーケット

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』にないものはないといわれています

 

そのため、例を挙げると金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

楽しめないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料はお値打ちです

 

高画質streamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があり

 

パチンコや番組など大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

 

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

ビデオマーケット公式サイトは下記です

↓ ↓

 

国内最大級17万本以上の作品!ビデオマーケット!

 

 

 

 

スターウォーズ 最後のジェダイあらすじ・キャスト・見どころなど!

2015年から、『スター・ウォーズ』続三部作の公開がスタートとなりました。

1999年~2005年までの新三部作以来、10年ぶりの新作ということで盛り上がりましたね。

さて、今回は、そんな『スター・ウォーズ』続三部作の2作目である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をピックアップしていきます。

あらすじだけではなく、キャスト、特に、あのレイア・オーガナにも注目ですよ。

それでは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について確認していきましょう。

スター・ウォーズ/最後のジェダイおすすめVODサービス

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画のキャスト

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

カイロ・レン(アダム・ドライバー)

レイ(デイジー・リドリー)

フィン(ジョン・ボイエガ)

ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)

マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)

スノーク(アンディ・サーキス)

ハックス将軍(ドーナル・グリーソン)

C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)

R2-D2(ジミー・ヴィー)

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)

キャプテン・ファズマ(グェンドリン・クリスティー)

コニックス中尉(ビリー・ラード)

ナイン・ナン(マイク・クイン)

アクバー提督(ティム・ローズ)

アミリン・ホルドー中将(ローラ・ダーン)

ローズ・ティコ(ケリー・マリー・トラン)

ペイジ(ゴー・タイン・バン)

アンカー・プラット(サイモン・ペグ)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画の評価

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以来、2年ぶりとなる、『スター・ウォーズ』続三部作の第2作。

2017年12月15日、とうとう待ちに待った公開となります。

『スター・ウォーズ』は、旧三部作、新三部作、続三部作と、それぞれ主人公が世代交代的に変わっていきました。

旧三部作はルーク・スカイウォーカー、新三部作はアナキン・スカイウォーカー、そして続三部作はレイ(+ルーク・スカイウォーカー)です。

まさに、宇宙の大河を感じさせるような壮大さですよね。

続三部作は、旧三部作とは30年以上の隔たりがあります。

青年だったルーク・スカイウォーカーも老人となりました。

が、それだけに、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、あらたなストーリーやキャラクターも含め、旧三部作に負けない出来となりました。

それに続く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』も、長年のファンには感慨深いものとなることでしょう。

もちろん、新規ファンであってもおなじことです。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画のあらすじ

実は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のあらすじの詳細は分かっておりません。

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、老人となったルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)、レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)らの戦いの続きが描かれました。

レイア・オーガナは将軍となり、レジスタンスによって、銀河帝国軍の流れをくむファースト・オーダーのカイロ・レン(アダム・ドライバー)らに立ち向かっていきます。

そして、あらたなヒロインとして、レイ(デイジー・リドリー)が登場。

これを受けての『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ですが、旧三部作と続三部作のあいだが描かれるそうです。

『スター・ウォーズ』シリーズでもっともサプライズがあるといわれており、ルーク・スカイウォーカーとレイがメインとなっていくとのこと。

いったい、どのような展開になるのか、興味は尽きませんね。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画に対する期待

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では、旧三部作の後の秘密が明かされることになりそうです。

昔からのファンも新規ファンも見逃せなくなりそうですね。

また、レイア・オーガナ役を1977年から務めてきたキャリー・フィッシャーさんは、残念ながら、2016年に亡くなりました。

よって、『スター・ウォーズ/最後のジェダイで、レイア・オーガナは、少なくとも女優の存命中の撮影としては見納めとなってしまいます。

とても寂しいことですが、今後も未公開映像のような形で登場してほしいですよね。

なお、『スター・ウォーズ』シリーズは、次作が2019年に公開予定となっています。

しばらく間がありますので、本作はぜひリアルタイムで見たいものですね。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画のスタッフ

監督:ライアン・ジョンソン

脚本:ライアン・ジョンソン

原作:ジョージ・ルーカス

製作:キャスリーン・ケネディ、ラム・バーグマン

製作総指揮:J・J・エイブラムス、ジェイソン・マクガトリン、トム・カルノースキー

撮影監督:スティーヴ・イェドリン

編集:ボブ・ダクセイ

音楽:ジョン・ウィリアムズ

スター・ウォーズ/最後のジェダイに出演されているキャリー・フィッシャーさんについて

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でレイア・オーガナ役を演じているのは、キャリー・フィッシャーさんです。

1977年公開の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以来、初代ヒロインであるレイア・オーガナを演じ続けてきました。

途中に約30年のブランクがあるにせよ、世界的大作だけに、あまりにもすごい女優人生でしたね。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の前に『シャンプー』という映画に出ていますが、あまり知られていません。

どうしても『スター・ウォーズ』のイメージが強い彼女ですが、『スクリーム3』『スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮』といったホラー映画でも活躍しています。

遺作となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』での雄姿を、しっかりと目に焼き付けたいですね。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ映画のまとめ

『スター・ウォーズ』シリーズでも相当な問題作となりそうな『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。

『スター・ウォーズ』を1度も見たことがない方はほぼ存在しないでしょう。

でも、もしそうだという方は、本作はしっかり見ておきたいですね。

その場合、新三部作、旧三部作、前作(続三部作)と、時系列順に見ることをおすすめしますが。

劇場ではなくネットで見る場合には、公式の動画視聴サービスを使うようにしましょう。

数々の問題がある動画投稿サイトの動画には注意したいものですね。