フォースの覚醒 地上波/金曜ロードショー見逃し無料はhulu/auビデオパス

フォースの覚醒 地上波/金曜ロードショー見逃し無料はhulu/auビデオパス

スター・ウォーズ/フォースの覚醒ですが、動画字幕がフルに無料で動画配信視聴できるVODを紹介します

フォースの覚醒 動画 字幕 無料フルに見れるVOD

auビデオパス

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

 

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

Hulu

Hulu(フ―ルー・フル)は、月額見放題で追加金額なしでコンテンツを楽しみ放題です

 

特にチャイルドロック機能や、アカウントを切り分けて使えるため、家族観でもプライバシーが守られます

 

そのため、お子様に見せたくないコンテンツは自動的に除外できます

 

Hulu公式サイトは下記です

↓ ↓

 

Huluならスターウォーズシリーズが見放題

 

 

U-NEXT

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

U-NEXTはスターウォーズシリーズ過去作を一挙配信中

 

 

ビデオマーケット

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』にないものはないといわれています

 

そのため、例を挙げると金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

楽しめないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料はお値打ちです

 

高画質streamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があり

 

パチンコや番組など大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

 

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

ビデオマーケット公式サイトは下記です

↓ ↓

 

国内最大級17万本以上の作品!ビデオマーケット!

 

 

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒あらすじ・キャスト・見どころなど!

2015年12月、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開されました。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』以来、10年ぶりの新作ということで話題になりましたよね。

『スター・ウォーズ』シリーズは、時系列と公開順が異なっています。

そのため、本作は第7作であるにもかかわらず、順序としては4番目のエピソードとなっています。

この点に注意してみていきたいですね。

それでは、あらすじ、キャストなどを確認していきましょう。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒映画のキャスト

レイ(デイジー・リドリー)

フィン(ジョン・ボイエガ)

ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)

カイロ・レン(アダム・ドライバー)

ハックス(ドーナル・グリーソン)

キャプテン・ファズマ(グェンドリン・クリスティー)

マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

BB-8(ブライアン・ヘーリング、デイブ・チャップマン)

スノーク(アンディ・サーキス)

C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)

ロー・サン・テッカ(マックス・フォン・シドー)

スタトゥラ(ケン・レオン)

ティードー(キラン・シャー)

スナップ・ウェクスリー(グレッグ・グランバーグ)

ダトゥー(ロッキー・マーシャル)

タス・リーチ(ヤヤン・ルヒアン)

ラズー・クィン=フィー(イコ・ウワイス)

アンカー・プラット(サイモン・ペグ)

ウォリバン(ワーウィック・デイヴィス)

コー・セラ(イシー・リチャードソン=セラーズ)

バジーン・ネタル(アナ・ブルースター)

Dr.カロニア(ハリエット・ウォルター)

FN-3181(マイケル・ジアッチーノ)

FN-9330(ナイジェル・ゴッドリッチ)

ジェス・テストール(ジェシカ・ヘンウィック)

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒期待評価テレビは

久々のスター・ウォーズ新作とあって大変楽しみにしていました。

 

冒頭のスター・デストロイヤーの登場シーンから旧作リスペクトが感じられて感無量でした。ですが、旧三部作を意識しすぎて焼き直した感が拭えないとも感じました。

レイが居た星ジャクーはルーク(とアナキン)の出身地タトゥイーンを彷彿とさせますし衣裳もそっくりです。

ダコタナはエンドアとやはり似ていました。そんな中で名コンビ、ソロとチューイの合流は安定感があって嬉しかったですね。そのソロも息子に不意打ちで倒されるという悲劇に見舞われ、観衆をパニックに陥れました。

その息子、カイロ・レンには小者っぷりとひ弱さにガッカリさせられましたが、まだ修行中の身なので強くなる要素があると期待しています。

あっさり最強のお祖父様を抜き去ったら、それはそれで私を含めて全世界中の熱狂的なお祖父様のファンが激怒するでしょうしね。凸凹コンビ代表のC3POの腕の色が変わっていましたが、壮絶なサバイバルの末の結果です。アメリカではコミカライズされていましたが、日本ではどうでしょう。

そんなことをおくびにも出さず、飄々としているのが彼らしいのですが。

 

ダコタナでフィンに「裏切者!」と叫んだトルーパーはキャラが立っていたせいか人気に火がついて名前もつけられたようです。

 

やったね!ダニエル・クレイグ(現ジェームズ・ボンド)も撮影にトルーパーとして参加しているのは有名です。ルークに老いを感じたのもショックでした。なにせ若い頃は、可愛くていいなと思っていたお姫様(チューまでしたのに!)が妹だったり、育ててくれた叔父叔母が黒焦げになったり、腕をちょん切られたり、父の仇と教えられたおっさんが本当の父親だったりと散々な目に遭ってきてもけろりとしていました。

 

今回は甥っ子が反抗期(とは言え弟子達をジェノサイドしているんですが)を迎えて引きこもっちゃうわけですから。お父さんに比べたら鋼のように強かったメンタルは何処に行ってしまったのかと。

気づけばレイ、フィン、ポーの中心人物達よりスカイウォーカー御一家に注意が向いてしまいました。

 

やっぱり1番好きなんですよね、ダース・ベイダーが。

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒映画のあらすじ

銀河帝国軍の流れをくむカイロ・レン(アダム・ドライバー)ら、ファースト・オーダーが、行方の分からないルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を追っていました。

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)が彼を探すなか、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)はファースト・オーダーに襲われてしまいます。

ポー・ダメロンから、ルーク・スカイウォーカーの地図を託されたBB-8(ブライアン・ヘーリング、デイブ・チャップマン)は、レイ(デイジー・リドリー)に助けられ、いっしょに行動することになりました。

一方、ポー・ダメロンは、フィン(ジョン・ボイエガ)によって助けられたものの、はぐれてしまうことに。

やがて、ポー・ダメロンは、レイやBB-8と出会うことになります。

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒映画のスタッフ

監督:J・J・エイブラムス

脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス、マイケル・アーント

原作:ジョージ・ルーカス

製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク

製作総指揮:トミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリン

撮影監督:ダン・ミンデル

音楽:ジョン・ウィリアムズ

編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー

プロダクションデザイナー:リック・カーター、ダーレン・ギルフォード

衣装デザイナー:マイケル・カプラン

特殊効果スーパーバイザー:クリス・コーボールド

視覚効果スーパーバイザー:ロジャー・ガイエット

音響デザイナー:ベン・バート

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒映画のまとめ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は古さと新しさを兼ね備えた、歴史的な映画です。

1970年代の旧三部作の延長でもあり、あらたな続三部作の第1作でもありますからね。

『スター・ウォーズ』に関心があまりない方でも、これは見ておきたいものです。

しかし、ネットで視聴する際には、公式の動画視聴サービスをご利用ください。

動画投稿サイトの動画の場合は、著作権侵害やウイルス感染の恐れがありますので、気をつけたいものですね。