明日の約束 見逃し配信 10話最終回公式サイトfod /auビデオパス/u-next

明日の約束 見逃し配信 10話最終回公式サイトfod /auビデオパス/u-next

 

明日の約束の見逃したテレビドラマを見る方法ですが

 

フジテレビオンデマンド(FOD)とauユーザーは、auビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

 

その他ですとビデオマーケット、U-NEXTなどで再放送動画が楽しめます

 

手早く見たい方はフジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトがいいですね

(yahooIDだと無料お試しキャンペーンがあるので便利です)

公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

明日の約束 見逃し配信 10話最終回VOD情報

 

ビデオマーケット

 

 

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』にないものはないといわれています

 

そのため、例を挙げると金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

 

楽しめないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料はお値打ちです

 

高画質streamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があり

 

パチンコや番組など大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

 

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット!

 

U-NEXT

 

u-nextも一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため(明日の約束)がみれます

 

 

 

auビデオパス

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

 

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

明日の約束最終回10話あらすじ

 

学校でのいじめ、母・真紀子(仲間由紀恵)による精神的虐待……ちまたでさまざまな憶測が飛び交った、圭吾(遠藤健慎)の自殺。

しかし結局、真相は誰にも分からず、クラスメイトや教師、残された家族は日常を取り戻せずにいた。

日向(井上真央)も、スクールカウンセラーとしてそんな人々の心をケアする一方で、死の前日に圭吾から告白されたことがずっと胸に引っ掛かっていた。

「あれは、彼なりのSOSだったのかもしれない。

答えが違っていれば何かが変わっていたのかも」――圭吾を苦しみから救えなかったことを悔やんでいた日向だったが、前に進むためにも、自分にケジメをつけようと決める。

そして、圭吾がクラスで孤立する原因を作った霧島(及川光博)の行為を学校に報告し、さらにこれまで学校や日向を敵視し続けてきた真紀子にもすべてを話そうと自宅を訪ねる。

するとそこには亡き息子の気持ちが分からないと絶望する真紀子の姿があった。

圭吾と真紀子に、自分と母・尚子(手塚理美)の関係を重ね合わせた日向は、自分も幼いころから親の愛情に苦しんできたと告白。

そして、「高校生の時、母にいなくなってほしいと思った」と、尚子との関係を話し始める。

はたして、長年にわたり“毒親”に支配されてきた日向の告白は、真紀子の心にどう届くのか?

さらに日向は学校で、「私がこの出来事の中で、いま一番許せないと思っている人がいます」と切り出し、ざわめきが生徒や教師たちの間に広がる。

そして尚子とのいびつな親子関係に対し、最後にある決断を下す――。

フジテレビ公式サイトより引用

出演者

井上真央  及川光博  工藤阿須加  白洲迅  新川優愛  佐久間由衣  遠藤健慎  金子大地  渡邉剣  山口まゆ  井頭愛海  夏子  堀家一希  竹内愛紗  青山倫子  ・  青柳翔  神尾佑  馬渕英里何  中林大樹  羽場裕一  手塚理美  仲間由紀恵

 

明日の約束前回の感想まとめ

 

霧島が圭吾のいじめに絡んでいたいたことが明らかになりましたが、独自の教育論を展開していた霧島は異端というか、自分の芯が通っているからこそ、歪んでいると感じました。

圭吾に告白された事実を公表してでも霧島を追放しようとする日向の姿は正義感に溢れていて、徐々に事件を通して変わってきたようでした。

圭吾の自殺、という悲しい事件があっても、それによって良く変わる人がいる、という事実はなんだか複雑ではありましたが、少しだけ救われる気もしました。

また、圭吾の妹、英美里も前回は今までになかった人間味溢れる一面を見せていましたが、傷付きながらも前を向いているような印象がありました。

若いならではの葛藤や不安を感じる描写もあったものの、この先一人で生きていくという決意をしているかのようでした。

母親との過去の辛い思い出の影響もあってか、本庄との婚約を解消するに至った日向ですが、お互いがお互いを思いやっている気持ちが痛いほど伝わってくるだけに、観ているこちらがもどかしくなりました。

登場人物のほとんどがどこか歪んでいて、闇を抱えている本作ですが、事件の真相が明らかになるに従って、その深さを感じる