民衆の敵 動画 7話 見逃し第二章無料視聴再放送FODあらすじ12月4日

民衆の敵 動画 7話 見逃し無料視聴再放送FODあらすじ12月4日

ドラマでは古田新太が反抗する篠原涼子を面白がって見てくれてますが実際の世界では絶対にないことだと思うのでもっと私達の暮らしはかわらないんだなという現実を知りました。

 

そして一番感情が入って見てしまったところは第一線で活躍していた女性が時短勤務になったりすると責任のある部署や仕事に復帰できてないという現実でした。

 

私もずっと店長業務をやっいたのですが現在は自分より仕事のできないスタッフの下で働いています。税金を払ってくれる大事な子供を産んでいるのに仕事に戻るとそういう扱いになるのか悲しい現実だと思っています。これからもドラマの世界ですが知らない政治の世界のことも知れるし無鉄砲な人がどこまでいけるのか楽しみです。

 

ドラマの中でも出てくる有名になったほうが勝ちというのはほんとにあると思います。革命をドラマ内だけでも起こしてほしいです。

民衆の敵動画7話youtube予告

 

 

民衆の敵動画7話無料視聴/見逃し配信/再放送FODプレミアム

民衆の敵ですが、下記のフジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトで
yahooID入会のみの方になりますが初回からフル視聴できます

 

 

放送時間

 

フジテレビ系列
2017年11月27日(月曜日)午後21:00~

 

民衆の敵 7話ネタバレあらすじ

民衆の敵って、撮影たのしそうですね(^_^)

それでは公式あらすじです!

市長となった佐藤智子(篠原涼子)は、副市長に前田康(大澄賢也)、秘書に富田恭一(渡辺いっけい)と、犬崎和久(古田新太)の人事を受け入れ、あおば市議会は犬崎派が牛耳る形となった。

それでも、福祉政策を進める智子の市民人気はうなぎのぼりで、ドキュメンタリー番組にも取り上げられる。この人気を盾に、犬崎は元市長の河原田晶子(余貴美子)が中止したニューポート開発を再び進めようと開発委員会を設置。その委員会に智子は出席できなかった。

 

智子と平田和美(石田ゆり子)の関係は相変わらずギクシャクしたままだ。和美は、あおば市議会から資料として渡された黒塗りだらけのニューポート開発委員会議事録に不信感を抱くが、智子に聞けない。ならばと、移動中の犬崎を捕まえて質問をあびせるが、この和美の行動が犬崎に目をつけられることに…。

 

和美は、藤堂誠(高橋一生)に取材をするが情報は得られない。 智子は誠に相談された非行少年、少女たちを立ち直らせ、子供たちの悩みや相談を受け入れられる仕組みに取り組もうとしていた。

 

だが、犬崎はニューポート開発地区で反対運動を行う市民の強制排除に動く。

 

そのために智子は記者たちに取り囲まれるが、何も答えることができない。智子は犬崎に真相を尋ねに行くのだが「市長にできないことを代わりにやっただけだ」と言われてしまった。智子は、市民から得た信頼を瞬く間になくす窮地に立たされる。

 

民衆の敵 第7話までの感想ネタバレ

 

自分の周りの人を幸せにしたい」という思いで市長選に立候補した智子が、結局犬崎に利用されていたというストーリーは、これが政治とわかっていてもあまり気分のいいものではありませんでした。

 

予告でも、智子のやり方に反発する人が登場していましたが、そこに犬崎が絡んでくるんだろうなという感じがして、次回の展開が気になりました。

 

前市長の自殺した秘書との会話の回想シーンや、智子を取り上げたニュースを見ていた時の前市長の表情には、その時の感情がうまく描写されていたと思います。

智子の就任インタビューの際に「私はあなたの味方だから」とささやくシーンがありましたが、彼女はまだ市長の座に返り咲くことを諦めていないんだなと感じました。

 

彼女も智子を利用するつもりなのか、それとも本心なのかがこの後どう描かれるか気になりました。また、市長になることを智子に勧める会話を聞いてしまった藤堂が、莉子との関係を責められ彼女と別れる決意をする展開は、彼が政治家の息子としての立場と一人の男としての立場の間で苦悩する思いが伝わってきました。

 

二人の関係がこれで終わりだとは思えないので、色々な意味でこれから彼がどんな行動を取るのか楽しみです。

 

民衆の敵 第1章第7までのまとめ

 

民衆の敵に出てくる篠原涼子さんの演技は面白いシーンが多くてとてもおもしろいし、スカッとしてしまうところもたくさんあってとても好きです。

篠原涼子さんは子供のために頑張っていて、とてもいい母親の役を演じています。普通の政治家ではありえないでしょうというような言葉遣いだったり、すごく市民の人たちに協力てきでとてもおもしろいです。

篠原涼子さんは言っていることは毎回正しくて正論なのもとても面白いです。

学校に行く子供にあいさつをしてはいけない世の中になっていて、でもそれは普通ならおかしいことで、通りすがった人にあいさつをしようと昔はなっていたのに、子供が信用できない世の中になっていてあいさつをしてはいけないとなってることは知らなかったので見ていてとても勉強になる場面もあります。

そんな世の中を変えるために働く篠原涼子さんにとても応援したくなるようなシーンが多くてとても面白いし、勉強になっていいドラマです。

毎回いいことをする篠原涼子さんには目が離せなくて正論を並べて世の中を正しい道に導いているのが見ていてとても面白いです。

しかも強敵ともいわれている古田新太にも気に入られているのもとてもすごいなと思いながらみていてとても面白いです。