監獄のお姫さま 動画 12月13日見逃した時はauビデオパス

監獄のお姫さま 動画 12月13日見逃した時はauビデオパス

 

監獄のお姫さまの動画12月12日放送日分を見逃した!

または見忘れた方はauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は最新話は週末更新で有料コンテンツですが

 

高画質streamin再生が可能です

 
そんな監獄のお姫さまですが
小泉今日子さんを中心にとにかく演技が振り切れていて、大変に面白かったです。
いつもはかっこよくて、頼られる上司というか姉御というかそんな感じの役柄の多い小泉さんですが、今回の役柄は、いつもとは違い、少しおっとりとして自信のないような感じの普通の主婦みたいな役柄で大変に好感が持てました。

みんなに従順に従う小泉さんなんて、あまり見ることができないのでうれしく思えました。

自転車に乗るシーンでも、自転車に乗る小泉さんを初めて見れたので自転車に乗るだけでもかっこよく見えてしまうのですごかったです。また、とても小顔なところも驚きを隠せませんでした。

ヘルメットがぶかぶかでしたし、ニット帽もぶかぶかで小泉さんすごいなと改めて感じました。

普通の女優さんたちは、自分が年を取りおばさんに見られたりするのが嫌そうで、若作りな感じが垣間見えて嫌なのですが、小泉さんは今回のドラマでもそうですが、普通のおばさんみたいな役を全力でやりきっているところがすごいですし、とてもかわいらしく魅力的に感じました。

少しコミカルで、ふわふわとしている小泉さんが頑張って復讐をしようとしている小泉さんが、今まで以上に魅力的で大好きになりました。生き生きとしている小泉さんに今まで以上に注目しようと感じました。
 

 

監獄のお姫さま動画12月13日無料視聴/見逃し配信/再放送VOD情報

 

auビデオパス

 

auビデオパスのサービス内容は下記などあります

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

 

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

監獄のお姫さまの見逃し配信はU-NEXT

 

 

監獄のお姫さま 12月13日のあらすじ

 

出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。

その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。

そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。

だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

時が経ち、2017年のある日。

悠里 (猫背椿) が店長でカヨが勤める美容室に若井がやってくる。

驚きを隠せない中、若井の髪をカットするカヨたっだが、カットを終えると何も言わずに若井は去っていった。

戸惑うカヨと悠里だったが…。

そして… 2017年12月25日。

晴海 (乙葉) も揃ったガレージで、プレ裁判が開廷!

最終章・前編が幕を開ける !!

TBSテレビ公式より引用

出演者

 

小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介、夏帆、塚本高史、乙葉、あびる優/池田成志/高田純次/尾美としのり/満島真之介/坂井真紀、森下愛子、菅野美穂 ほか

監獄のお姫さまの感想アンケートまとめ

 

20代男性

公式から「おばさんたちの不完全犯罪」と紹介されているようにグダグダな誘拐計画からスタートした「監獄のお姫様」。めちゃくちゃ面白いです。主人公の馬場カヨを始めとした元気で個性的過ぎるおばさんたちが5人も集まってしまった事で、もう話が全然綺麗に進んでくれません。全てを知っている(?)板橋吾朗の誘拐そのものには初回で成功しているのに、その後ゴール寸前で蛇行を繰り返していてなかなか肝心な話が出来ない……。現代パートはそんな感じで終始ゴチャゴチャしており見ていて退屈しません。一方の過去パートでは少しずつ馬場カヨ達の過去や、誘拐事件を起こした動機が語られてきていますね。ここもまた女性刑務所が舞台ながらもコミカルな調子で話が進むので気楽に楽しめます。こちらの方では現代パートに登場しない人物が一人います。爆笑ヨーグルト姫こと江戸川しのぶ。彼女こそがこのドラマ全体の鍵を握る重要人物であるようなのですが、これがまた何とも不思議な女性なんですよね。正直なところ、私には彼女の発言が本当に正しいものなのかどうかよく分かりません。馬場カヨ達が現代で巻き起こしている誘拐事件も江戸川しのぶを想っての行動なのでしょうが、何だか思わぬどんでん返しが待っていそうな予感も。これはどちらのパートも目が離せなくなっていきそうです。

30代女性auビデオパスで視聴中

監獄のお姫様でこれから楽しみな点は姫(江戸川しのぶ通称、姫)が刑務所で産んだ男の子の行方です。予告では板橋吾郎の手に渡ったように思われましたが、どういう経緯でそのようになったのでしょうか。また、仮に吾郎の手に渡り、吾郎の妻である板橋晴海はわが子でなかったとすると、どういうマインドで男の子を育てていたのでしょうか。そのあたりの真相が今後、明らかになっていくのではないかと思い、楽しみです。また、吾郎はどうやってしのぶに冤罪の罪をきせたのかも気になります。すべては吾郎が会社社長にのし上がるために恋人であった江戸川乳業の社長令嬢に結婚を申し込み、と同時に、学生時代から付き合っていた横田ユキが出世への足かせとなることを思い、沖縄旅行を計画し、現地で殺害したのだと予想していますが、ここは工藤官九郎氏の脚本なので、そうたやすくシナリオは出来ていないのではないか、もっと視聴者を驚かせるような大どんでん返しがあるのではないかと、こちらの展開も楽しみです。そして、最後は刑期を終え出所した馬場カヨはじめ以下5人の今後です。吾郎を誘拐したのは立派な犯罪であるので、逮捕されるのは目に見えていますが、海外に逃亡するなど、逮捕を免れるとことも考えられるので、こちらは最終回まで見逃せないと思っています。