監獄のお姫様 動画 最終回無料見逃しフル時はauビデオパス

監獄のお姫さま 動画 最終回無料見逃した時はauビデオパス

監獄のお姫さまの最終回までえフルに動画視聴を楽しむための

auビデオパスやユーネクストといったVODサービスがお得なため

監獄のお姫さまの最終回までの感想を見ながらスト-リーについて

みんなの感想など交えながら解説したいと思います

 

監獄のお姫さま動画無料視聴/見逃し配信/再放送VOD情報

 

auビデオパス

 

auビデオパスのサービス内容は下記などあります

 

 

・月額料金がワンコインと業界最安値で、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料です

 

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーテレ朝番組などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画が早く見れます

 

・高画質streamin再でフルHD生ウンロード(dl)再生でができて、通信(パケット代金)がかからないです

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

U-NEXT公式サイトは下記です

↓ ↓

 

監獄のお姫さまの見逃し配信はU-NEXT

 

 

監獄のお姫さま 動画10までの展開ネタバレ

先生が刑務官を辞めて馬場カヨ達の更生に付き合う理由が「お節介」というそのまんまの理由だったのが良かったです。

特に裏も何もなく、姫や出所したおばさん達の世話を焼きに来ちゃったというのが。

全身黒ずくめの無駄に迫力ある姿でやってくる辺りが相変わらず独特で意味不明ですけど。

そもそもお節介で犯罪行為に加担するところからして普通ではないですから、やっぱり変わり者だったということですかね。

で、そんな彼女が自分達の前に現れた理由を馬場カヨは「シャバに出て姫を忘れようとした自分達を叱咤するため」と思っていたわけですが、そもそもここまでおばさん達が集合出来なかった理由が「bakakayo」というメールアドレスの打ち間違いだったのがまたいいです。そこにも特にシリアスな理由は無かったというのが。

おばさん達はおばさん達でやっぱり出所してからも相変わらずだったんですね。お節介なのも変わっていませんでしたし。

いや、まあ「自立と再生の女子刑務所」なんて名前の所で頑張っていたのに相変わらず寄り集まって犯罪計画を立てているので「あんまり変わってないのもどうなんだ?」と突っ込みたくもなりますけど、変わらない馬場カヨ達にどこか安心してしまいました。

あとは吾郎から真実を聞き出して、姫に笑顔を取り戻させれば目標達成ですかね。

姫はずっと暗い顔をしているので、彼女だけは最後に大きく変わって……というか爆笑ヨーグルト姫と呼ばれていた頃の彼女に戻ってほしいですね。

監獄のお姫さまの思い出のゲストキャストあびる優さん

監獄のお姫さまおもしろかったですね

個人的にあびる優さんが出演されたときに

[おお~!!]と思いました

あびる優さんの魅力のひとつはネイルアートが上手な事です。

こういった誰にでも出来る事ではない繊細な作業を上手に行える人は魅力的だと思います。

そしてあびる優さんは沢尻エリカさんと友達なのですが、一時期沢尻さんの発言により沢尻さんが世間のバッシングにさらされていた時に、沢尻さんに寄り添い励ましていたそうです。

こういった友達想いな性格も素晴らしいと思います。あびるさんといえば料理やお酒といった食の部分に精通していて、さらには食べるだけでなく、食の作法においてもしっかりしている事も魅力です。

あびるさんのお母様も元女優だった事もあってか容姿も美しく、さらにスタイルも細く保っており、女性の憧れるようなプロポーションを持っています。あびるさんといえば、実はお嬢様との事です。

しかし、あびるさんはそういった事を感じさせないフレンドリーさの様なものを持っており、バラエティ番組などで重宝される理由ではないかと思います。

そういった事から、美しい女性といっただけではなく、バラエティなどでのそれとのギャップもまた、あびるさんの魅力なのではないでしょうか。

そして近年、結婚や妊娠、出産を経験されています。

その事からタレントあびる優だけではなく、母親あびる優として経験を積み、人として、タレントとして成長する事で、また新しい味を持ったタレントとして活躍される事と思います。

監獄のお姫さまの動画最終回までフルに見た感想

 

20代男性

 

監獄のお姫様、テンポがよくて話もどんどん進んでいくので見ていてとても面白いです。

宮藤官九郎が脚本を書いているので台詞まわしが軽妙で今の所悪い奴でもなんだか憎めないキャラクターになっています。

テンポを維持している理由の1つに刑務所の中の出来事を描いた部分が時間の割り振りにメリハリがある事かなと思います。

刑務所だけに時間に厳しいですし。

このドラマは大きく現在(誘拐)と過去(刑務所)という2つのパートがあるのですが、過去パートである刑務所の規則やルールという制限と現在のパートの誘拐した倉庫の中という制限、この2つの制限のなかで展開していくことに舞台演劇を見ているような雰囲気が出ていて、それがまた楽しさを生んでいる気がします。

メインのキャラクターや話は出揃ってきていて、それぞれの過去の話も一通り出てきたのですが、満島ひかりの役だけが未だに謎が多く、何故この犯罪に加担したのかわかりません。

刑務所では言葉も悪くて鬼刑務官なのにコンパでは甘い話し方(でもぶりっこしてるのが見え見え)をしていたり、まだまだ本当の気持ちが見えなくて今後が楽しみです。

どの場面でもかっこよくて本当にこの役ははまり役だなと思います。

考えて見ると、小泉今日子の銀行員から伊勢谷友介の腹黒イケメン社長、森下愛子を騙すヤクザ役の高田純次までキャストがぴったりはまってるんですよね。

みんな芸達者でコミカルな演技が上手くて、だからこそ夏帆のピュアさが引き立つのかな。

今後は子供が生まれてからの物語になるようなので、そこでさらになぜこの犯罪が起きたのか解明されていくのが楽しみです。

 

30代女性

 

クドカンのドラマはいつも面白いのでなるべく見るようにしています。

第一話目は話の内容がなかなか理解できず、クドカンのいつもの時間が前後する演出で一瞬「?」となりましたが、話が進んでいくとすごく先が気になり始めて、やっぱりクドカンの脚本は面白いなとうなっているところです。

出演者がすごく良いです。クドカンの話によると膨大なセリフの量を役者に喋らせるのであれば、もうおばさんのスピードでしか無理だと言っていたのですが、キョンキョンをおばさんと言っていいのか迷うのですが、小泉今日子はやはり素晴らしいなと思います。

仕事も出来るし家庭のことも完璧にこなしていたのに、旦那の浮気がきっかけで犯罪者になってしまい、本当もったいないしクソみたいな旦那なんて無視しとけばいいのに馬鹿だなと思うんですが、でも人間味溢れている人物を好演していると思います。

そのほかにも満島ひかりも素晴らしいです。

今、一番なんで犯罪者の仲間になったのかわからないのですが、この先にそれも解明されるのかなと思うと楽しみです。

毎週毎週次回が楽しみになるドラマです。ラストはどうなるんだろう、冤罪は解けるんだろうかと最終回を見るのが本当に楽しみです。

40代男性

 

宮藤官九郎さんの手掛ける作品なのでとても楽しみにしていました。

出演されている女優さん・俳優さんも豪華で、テレビ局も力を込めて作っているのだろうと思います。

最初から数話は、過去と今とが行ったり来たりしている部分が複雑で正直、わかりづらかったんです。

しかし、きっと同じような声が多く上がったのでしょうね。

ここ最近の放映分では回想シーンなどに日付のテロップが出るようになりました。

これのおかげでだいぶわかりやすくなり、混乱することもなくなったように感じています。

女性陣がわちゃわちゃと楽しそうにしているのを見ると、ときどき緊迫感のなさが目立ちます。

が、これは宮藤さんがわざと狙ってやっていらっしゃることだと思うので、なんともいえないところですね。

それが他の部分を引き立てているのも確かなので、そこはぐっとこちらが我慢しています。

また、宮藤さんの作品というと、他のドラマとリンクするような小ネタがありそうな気がします。

今回はまだそれが見当たらないので、これからかな?と期待しています。

話の中で何度も流れてくる歌を制作するなど、ちょっとしたことで視聴者の心をぐっとつかむのも相変わらず、上手です。一番面白いのは池田成志さん。

あの変態具合、クセになります。